のれん屋 温故知新

オーダー暖簾ご注文・お支払い地図・ご来店リンク
京都ののれん屋 温故知新 外観 京都のオーダー暖簾の製作例
 

西陣の手描きオーダー暖簾

京友禅の伝統を活かし、伝統工芸士を含む作家が皆様からのご要望に応えます。絵画性と品格を主として、また現代デザインまで京友禅がそうであるように、自在に表現します。
古きをたずね新しきを知るをテーマに染・四君子工房がおとどけする「のれん屋温故知新」です。皆様の感性とコラボレーションをお待ちしています。

制作にあたる作家
三浦恭示・鳴瀬直幸・木戸源生
石塚文雄・つげ一稲・足立茂

お問い合せ

染・四君子工房「のれん屋 温故知新」
午前10時~午後5時 不定休日
〒602-8484
京都市上京区浄福寺通上立売上ル大黒町689-1
TEL/FAX:075-811-2107
長期休み時:080-6166-3763(鳴瀬)
メールアドレス:mail@shikunshi.net
ホームページ:http://norenya.shikunshi.net/

のれん屋温故知新からのおしらせ

15.04.06
のれん屋温故知新のホームページアドレスおよびメールアドレスが変わりました。ブックマーク、アドレス帳の変更をお願いいたします。
http://norenya.shikunshi.net/
mail@shikunshi.net
12.08.08
2012年8月13日(月)より17日(金)まで、休業させていただきます。
10.09.10
染・四君子工房のホームページを開設しました。
09.09.01
近畿経済産業局(経済産業省)主催の関西デザイン・ポテンシャルマップに選定されました。9月には全国・アジア各国などで配布されます。
09.09.01
のれん屋温故知新のホームページ開設

お客様からコメントを頂きました。

M氏邸で使っていただいている暖簾です

神奈川 M氏邸

神奈川県

レースのカーテンの替わりに、出窓に水玉のれん染めてもらいました。
窓を開けると風でそよそよ 色といい素材といい見た目涼しくって気に入っています

壱粒舎様で使っていただいている暖簾です

壱粒舎

京都市中京区

こんな素敵な暖簾を作っていただいて、商売繁盛間違いなしや!

厚めの麻地 糊描き反応染料染め パールトーン仕上げ。建築屋さんらしい木組みのデザインにしました。

三浦恭示

鈴木酒店様で使っていただいている暖簾です

鈴木酒店

神奈川県横浜市

株式会社ケミック様で使っていただいている暖簾です

株式会社ケミック

岐阜県岐阜市

作成して頂いたのれんは、大変評判が良く、今までの物とはまったくレベルが違い、さすが西陣の立派な技術と感服いたしております。

代表取締役 林 正啓

御所東 厚凛で使っていただいている暖簾です

築75年の民家と風情ある門構え、
ゆっくりとお食事が楽しめるお店です。

御所東 厚凛(こうりん)

075-212-3531
京都市上京区新烏丸通丸太町上ル信富町298

時、折々に作っていただき、4枚になりました。シンプルものからローケツ染まで店の雰囲気と良く合っているし、気分で掛け変え楽しんでいます。

料理長 樋口厚介

D&D INN KYOMACHIYAで使っていただいている暖簾です

同じ西陣の大黒町にひっそりたたずむ
京町家を改装したB&B宿。

D&D INN KYOMACHIYA

http://www.eonet.ne.jp/~d-d/
075-431-2988
京都市上京区上立売通浄福寺東入大黒町688

こののれんは私がデザインして作っていただきました。何枚かのデザインをPCで作り、相談の結果これになりました。出来上がってみると想像以上の出来で感動しました。私の店に良く合っているでしょ。

店主 土居 薫代

魚山園で使っていただいている暖簾です

年間を通して香雲コンサートとお食事を
お楽しみいただけます。

魚山園

http://www.gyozanen.com/
075-744-2321
京都市左京区大原三千院畔

大原三千院横の魚山園の食堂ののれんのスペアとしてお願いしました。今のは白地ですので、今度は柿渋染で白ヌキにしました。柿渋の落ち着いた色合いがすてきです。

店主 澤田 正豊

 

ページの最初へ戻る

〒602-8484 京都府京都市上京区浄福寺通上立売上ル大黒町689-1
TEL/FAX.075-811-2107 
mail@shikunshi.net http://norenya.shikunshi.net/
特定商取引法に基づく表記